名刺は自分を知ってもらう目次

名刺交換

名刺は、初対面のときに大変重要な役割を果たします。その人のことを知る第一歩であり、後日、の人のことを振りかえるエビデンスになるわけです。名刺の作成には、いろいろなものがあるのは多くの方と面会してわかるのですが、大雑把に言って次のような特徴があると思います。
1.クラシック調縦型で、右側から会社名と部門名、真ん中に役職名と氏名が書かれています。更に、左端に会社の住所と連絡先が書いてあります。もっともクラシック調の名刺です。いまどき珍しいですが、大企業の重役さんは、このタイプを活用されておられる方が多いです。
2.横長系最近は、横長に使う傾向が多くなりました。上段に会社名・所属、そして、中断に名前を覚えてもらう意味で、少し会社名や部門名・職位より大きめに氏名が書いてございます。これは、名前を覚えてもらおうと言う意味において有効です。
3.横長系・会社紹介・自己紹介付き、これは名刺にどんな資格を持っているかが書いてある場合です。組織名称から見て、どんな業務か、どの程度の「偉い人」なのかわからなかったりする場合、実際の商談で、この方の資格から背景や実力が見えてきます。これはあとでエビデンスとしては参考になりますし、記憶に残ることが多いです。
以上、名刺の作成する際には、様々な用途を考えて作成するのですが、あくまでも最初のきっかけであり、自分のことを知ってもらうための目次と思って造るとよいかと思います。

名刺には何を載せる?

名刺はビジネスシーンにおいて必須アイテムです。では名刺の作成じには何を載せておくべきなのでしょうか。まずは名刺を使う場面から考えてみましょう。名刺を使う最も多い場面は、商談や取引先への訪問時だと思います。つまり、先方とは会うのが初めてか、あるいは今までは顔見知り程度であったが、今回改めてご挨拶するという場面などです。このようにまだ親しくないわけですから、自身の名前は作成する際は必須でしょう。会社員の方は会社名も必須でしょう。
また、これから懇意にお付き合いしたいわけですので、連絡先も記載しましょう。連絡先は電話番号やメールアドレスが考えられます。他には住所も必要でしょうが、個人事業主や自宅が仕事場だと言う方は、載せなくとも良いかと思います。近年は個人によるノマドワーカーも増えている様ですね。連絡をもらうためには、相手方に覚えてもらうことも必要です。
そこで、ロゴマークなどがあれば記載しましょう。イラストは印象に残りやすいものです。以外は役職や担当部門、自身の資格やスキルを入れて良いかと思います。
但し、複数の資格等をお持ちの方であっても、全てを記載せずに主になる資格等を記載しましょう。ごちゃごちゃと沢山記載されても、読み難いだけです。場合によっては主になる資格等に応じて、記載の異なる名刺を作成し、先方や依頼に合わせて使いわけてもいいかもしれません。

渡した相手が思わず喜ぶ名刺作成

名刺自体とその中の情報は、きちんと整理しておかないと、いざ使いたい時に困ってしまうものです。自分もそうですが、自分の名刺を渡した相手の方も同様なのではないでしょうか。情報整理しやすく、相手の方が喜ぶ名刺作成ができればいいですね。ただし実際は、名刺を作成する時にはつい「伝えたい基本情報」についてばかり工夫してしまいがちなものです。
基本情報が決まったら、次に必ず「情報整理」という観点から見直しをしてみましょう。ではどんなことに注意したら良いのか、実例を挙げてみます。一つめは、その名刺の「作成年月」のさりげない表示です。その名刺の内容がいつのものかがわかれば、名刺をもらった方は情報整理しやすいですね。作成年などの代わりに、「20XX年飛翔はさらに高く」などと、その年のスローガンを表示してもいいでしょう。
二つめは「見やすさ」です。文字の大きさ、色、書体などは見やすいものになっているでしょうか。デザインを考えすぎて見にくくなっている場合も考えられます。若い方は気づきにくいのですが、取引先の高齢の経営者が見やすいサイズの文字になっていますでしょうか?バリアフリー表示の基準に合っているか、専門の方に相談してみるのもおすすめです。なお最終的には、業界の特徴や経験年数、役職などの立場、名刺を渡す相手の様子によって決めると良いでしょう。


サラリーマンにとって名刺は欠かせないものですよね。ビジネスを上手く進めるためにもしっかりとした名刺は必須です。そんな名刺をもっておきたいならアドプリントに相談しましょう。お手頃な価格でしっかりとした名刺が手に入るのでおすすめですよ。

注目の記事

名刺を出している人

名刺作成とは

名刺作成というのは、今ではかなり簡単にできるようになっています。つまりは自分で作ることができる…